リサイクルショップで掘り出し物を見つけるには?

店の規模と掘り出し物の関係性について

掘り出し物はどのようなリサイクルショップで見つかりやすいのでしょうか。

「個人経営のリサイクルショップの方がユルそう」とか「チェーンのリサイクルショップの方がアルバイト店員が対応しているからユルそう」など、さまざまな意見があると思います。

確かに個人経営のリサイクルショップはユルそうですが、専門分野ではかなりの目利きではないでしょうか。一方、チェーンのリサイクルショップの店員は、アルバイトが大多数を占めているのでユルそうはあります。

しかし、古着が好きでアルバイトを始めた人などは、古着に関してはかなりの目利きのはずです。

ですから、必ずしも「掘り出し物を見つけるならチェーン店」とも「個人経営の方が掘り出し物は見つかる!」とも言い切れません。

しかし一つだけ言えることがあります。それは「お店の規模の大小を問わず、いろんなリサイクルショップを回れば、必ずお宝に出会える」ことです。

子どもの絵本を買うならリサイクル店!?

お子さんがいない方は、ピンとこないかも知れませんが、最近の子ども向けの本はなかなかいいお値段です。

「それって、(愛蔵版)とか(百科事典)系の話じゃないの?」と思われるかも知れませんが、実はそうではありません。

スーパーなどで売られている手のひらサイズの絵本でも、高いとまでは言わないものの、サイズや内容から考えれば、なかなかなお値段です。しかも古本屋に行っても、さほど値段が変わりません。

確かに少し安くはなりますが、古本であることから考えると、中にはお得感を感じられないものがあるかもしれません。

そこでおすすめなのが、リサイクルショップ!たいていシリーズものならばちゃんと揃っているし、古本屋よりお得な価格のものが意外と多いです。

以上より、子どもの絵本を買うならリサイクルショップがいいでしょう。


▲ TOPへ戻る